2007年05月11日

ケータイ顛末その2

デジカメの壊れたA5404Sを5月7日修理に出した。代替機を貸してくれたのだが、なんとホワイトのA5404Sだった。これには本当にびっくりしたが、こんな古い機種がまだauショップにおいてあるんだなと感心した。その人のケータイと同じ機種を貸してくれるのは操作に戸惑わないためにもいいことですね。

それで修理完了は5月11日でした。auショップに行って手続きを済ませケータイを受け取ると液晶面にフィルムが貼ってあった。基盤交換したと言っていたが、修理の最中にキズを付けないようにフィルムを貼っていたのだとてっきり思っていたのだが、よーく見てみると、ランニング中に落としたときのキズがない!それになんだか全体的にきれいになってる!外装交換してくれたのかな?でもジョグダイアルの感触もちょっと違ってしっかりした感じだ。結局、全部新しいものと交換してくれたようで、中のROMと電池パックだけが元のものだったようだ。

auの保証期間は3年で、私のは購入後約2年半経過したものだったから保証期間中でラッキーだった。新品同様になって帰ってきたA5404S。これからも大事に使わなくてはね。もう浮気しないから!

posted by ruunerkaz at 21:12| Comment(0) | ケータイ・モバイル

2007年04月27日

ケータイ顛末

この間は機種変更したソニエリのW51Sを使い続けると言ったのに、2ヶ月使ってみたもののやっぱり違和感があってどうしても馴染めず、結局今まで愛用していたA5404Sに再度機種変更してしまった。なにやってるんだか?ジョグダイアルの功罪か、これに慣れてしまったらさあ大変。フツーのケータイは使えないじゃん。A5404Sはデジカメが故障しているので、連休明けにでもauショップに行って修理してもらわなければ。

話は前後するけど、ことの初めはこのデジカメが故障したから機種変更を考えたのに、auは端末の購入後3年間保証をしてるってことを機種変更してから知った。初めから知ってれば速攻で修理してもらったのに失敗したな。それから、WIN端末だけど、わたしはケータイでネットをやったりしないので本当は不要なものだったのだ。WINの料金プランもだけど、SSで無料通話部分が1,000円分しかなくて、1×の場合、コミコミoneエコノミーだと2,000円分もある。まあ世の中WIN傾向にあるのはわかるけど、マイノリティーの1×で十分だという人もたくさんいると思うので、どうかもう少し端末の種類を増やして欲しいな。そーゆーわけで、A5404Sはまだまだ現役で使うつもりです。

posted by ruunerkaz at 21:10| Comment(0) | ケータイ・モバイル

2007年04月08日

ああ、ジョグダイアル!

2月下旬のこと、ランニングの後の自分の勇姿?を記念にをカメラに納めようと、愛用のソニーエリクソンA5404Sで撮ろうとしたら、ディスプレイが真っ黒。晴天の下でディスプレイを見ているから真っ暗なのかと思ったら、どうやらデジカメが壊れていたのであった。A5404Sは2003年に発売されたもので、もうだいぶ年季が入っているのだが、私はジョグダイアルが好みでずっとソニエリを使い続けていた。ジョグダイアルとPoBoxの組み合わせで快適な日本語入力ができたのだ。

ところがソニエリはA1404Sを最後にジョグダイアルを捨ててしまった。なんでもジョグダイアルはゲームには不向きなのだそうだ。そんなわけで現在のラインアップではもうジョグダイアルの付いているケータイは買うことが出来ない。

後継機種はどれにしようかといろいろと悩んだ。CASIOのW42CA(G'zOne)というタフネスケータイか、ソニエリのW51Sのどちらかが候補に挙がった。G'zOneは私のようにマラソンをやっている人にとっては、雨に濡れたり落としたりしたときに安心でいいと思ったが、バカでかいし重いので残念ながら除外!消去法によりW51Sに機種変更したのであった。

W51Sはワンセグなどない結構シンプルなケータイである。まっ私なんかはネットもケータイでやらないので、×1機種で十分なのに好みの端末が無くてWINにしてしまったわけで、機能の半分も使ってないんじゃないかな。しかしジョグダイアルに慣れた人間にとって、方向キーや決定キーというのは本当に使いづらい。とにかく決定キーを押すときに一緒に方向キーまで押してしまってわけが分からなくなってしまうことが何度もあった。メールの作成も今までの倍ぐらい時間がかかりヒジョーにイライラさせられた。もうW51Sは使えないと思い、オークションでA1404S?を買ってしまった。

A1404Sが届く前にW51Sでちょっと長いメールをする必要があり、苦労してメールを書いていたら、なんとコツをつかんでしまった。今までは指の腹でキーを押していたのだが、W51Sは親指のツメでキーを押すとすんなりと入力できるではないか。ジョグダイアルの場合文字の候補を探すときにはジョグをクルクル回すと一つずつカーソルが移動するのだが、W51Sの場合は方向キーで上下左右自由にカーソルを移動することがきてかえって便利なことを発見した。コツをつかめばこっちの方が早いかも?それと文字を漢字から英字、数字と変えるときにもキーを一発押すことで変えることが出来るのだが、A1404Sの場合はEZキーを押してからジョグで選択という二段階でやらなければならず、この辺りのところでも使いやすい。

そんなわけでせっかくA1404SをオークションでゲットしたのにもかかわらずW51Sを使い続けることになってしまった。A1404Sのメニューがなんか子供っぽくてW51Sのエレガントなとこと比べてしまうととても使う気になれなかったので、操作のコツをつかんだのは良かったな。とにかくケータイは慣れという部分がとても大きい。ジョグダイアル付きのケータイが相当進歩して登場すれば多分それに機種変更するだろう。

posted by ruunerkaz at 21:07| Comment(0) | ケータイ・モバイル

2006年11月14日

WX310K解約

9月中旬にWX310Kを契約して快適なモバイル生活を送っていたのだが、ある日妻からコールがあり通話ボタンを押したのに通話がすぐに切れてしまう。こちらからかけ直したらつながって妻の声が聞こえるのにこちらの声は妻に聞こえなかった。このときはちょっとエマージェンシーコールだったので、通話できないことがとてもショックだった。

やはりPHSはパーソナルハンディーフォンでしかないのだろうか?都会なら通話できないところはないと思っていたのに落とし穴があったとは。家族全員auなのに自分だけPHSにしたのはやはり拙速だったのか後悔してしまった。そういう経緯で二男君に使わせておいた私のお気に入りケータイ(a5404s)を回収し、二男君には新規でA5522SAという三洋製のCDMA1Xをラオックスで購入した。

さて、auにサポートプランというものがある。60歳以上の人または中学生以下が加入できるプランである。これは通常のプランに加入している家族と一緒に加入するのである。サポートプランは10秒10円という料金設定なのだが、家族で分け合いコースを選択していれば、サポートプラン対象者は家族の無料通話部分で通話することが出来るのだ。auがくりこしのCMを一時盛んに流していたが、注意することはくりこしを選択すれば家族間で分け合えないことだ。

posted by ruunerkaz at 06:43| Comment(0) | ケータイ・モバイル

2006年09月19日

WX310Kに機種変更

310k

モバイルしたくなって安心だフォンを“WX310K”に機種変更した。PHSが登場したときからずっとPHSユーザーだったが、携帯電話の進化には目を見張るものがあり、ついに3年前にauに乗り換えてしまった。デジカメはもちろん、おりこうさんの文字変換(Pobox)がすばらしく、ソニーエリクソンのA1301SとA5404Sとを愛用していた。ただ、携帯電話で通話したとき、「????、何でこんなに音が悪いの?」と思い、すぐにPHSに戻りたいとも思った。あのワンテンポ遅れて声が聞こえてくるのになれるまでずいぶんかかったもんだ。まあPHSのようにアンテナを気にすることなくほとんどどこでも使えることは精神的にずいぶん楽だった。

私はアステル→NTTパーソナル→DDIポケットと、すべてのキャリアを渡り歩いたが、アステルとNTTパーソナルは電柱などに小さいアンテナを設置する方法であったが、DDIポケットは強力な電波を発する(携帯電話の比ではないと思う)アンテナをぽつんぽつんと設置する方法であったので、DDIのアンテナはどこに設置してあるか分からず見たことがなかった。PHSは都市部ではほとんどどこでも使えたと思うが、やはり時代は携帯電話であって、通話料がどんどん安くなってきてデータ通信以外はPHSを使う理由がなくなってしまい、アステル・NTTは撤退してしまった。

ウィルコムがDDIポケットを買収し次々と新しい事業を展開している。データ通信は×4(128kbps)を実現してかなりストレスなくネットにつなげるようになったし、音声通話にしても定額プランを導入し、なんとウィルコムユーザー同士なら無料で通話できるのだ。いろいろなプランをチョイスすると最大で40パーセントも料金が安くなることもある。どこでもネット出来るというのは本当に便利だ。

WX310Kは京セラの端末。オペラブラウザ搭載と精緻な液晶でなかなか快適なブラウジングができる。端末は2005年の11月に発売になったものだが値段は高止まりで推移している。機種変更はほとんど21,800円。新規が18,800円。新しい携帯電話と比べてもかなり高いことがハッキリする。わたしも半分諦めかけていて、ヨドバシカメラで機種変更しようと思っていたが、yahoo!オークションで15,800円でゲットすることができてラッキーであった。ただ、本来なら『使い放題×2』で契約したかったのだが、この15,800円は定額プラン+データ定額が条件だったので、1ヶ月経ったらプランを変更するつもりである。また使った感想などをぼちぼちとアップするつもりである。

posted by ruunerkaz at 06:30| Comment(0) | ケータイ・モバイル

2005年03月07日

ソニエリ(2005/3/7の記事)

l_sony1

しばらく様子見か…
ということだったが、「やっぱりソニーエリクソンしかない!」って結論に達しちゃったのであった。じゃあWIN?or A1404S? ふっふっふ、価格comの掲示板でいいもの見つけちゃった。A5404Sがまだオークションでゲット出来るんだそうだ。ちなみにA5404Sは、1.3メガピクセルでMSDuo搭載。2003年の11月に発売になった古いものだが、auのソニエリでは、これからはWINと140xシリーズだけで、1x端末の5xxxはもう出そうもない。自分の必要としている機能を満たしてくれるのは結局これしかないという結論に達した。
ヤフオクにアクセスしてA5404Sで検索する。「おおこれだ!」5,000円で機種変更できる。もちろん新品だ。6台出品されていてすでに4台落札されていた。意外と小心者なので、もう一度これで本当にいいのか自分に問いかけてみる。間違えなし。入札ボタンを押して即落札。
A5404Sが手許に来たらレポートしようと思っています。お楽しみに。

posted by ruunerkaz at 10:40| Comment(0) | ケータイ・モバイル

2005年03月05日

初めの一歩(2005-03-05の記事)

l_1301

何だかよく分からないけど、取り合えず流行っているということでblogを始めてみる。
現在使っている携帯電話は、ソニーエリクソンのA1301Sというもので、ジョグダイアルとPOBox(Predictive Operation Based On eXample)の組み合わせで快適にメールが出来るものなのだが、如何せんデジタルカメラの機能が32万画素とかなり貧弱である。

ランニングするときは必ず携帯電話を持って走るのだが、ランニング中に何かスナップを残しておきたいときに、携帯電話のカメラは便利である。しかし、今のA1301Sでは画素数が低くてまともな画像にならない。携帯を持つだけでも重いのに、デジカメを持って走るなんて考えられないし…


ケータイの使用期間がそろそろ25ヶ月に達する。そこで新しい機種を物色中で、ソニエリのA1404Sという最新機種が出たのだが、これも32万画素だ。WIN端末は必要ないので、ソニエリでは選べない。(涙)


ジョグダイアルは使い慣れるとなかなか手放せそうもないよ。でも慣れかな?これからもソニエリはきっとメガピクセルケータイ出しそうもないし、そうなるとジョグダイアルは諦めるしかない。


私の条件としては、最低130万画素、外部メモリのあるものですな。カシオのA5406CA

が良いと思うんだけど、なんだかヨドバシには置いてなかったし、在庫が不足しているようで、近々ニューモデルが出るんではないかと思う。
結局しばらく様子見となるか…
posted by ruunerkaz at 10:35| Comment(0) | ケータイ・モバイル