2011年09月11日

ワイヤレスマウスを購入

 m2351
         ロジクールM235

デスクトップPCで使用していUSBマウスが、シングルクリックしているのに、ダブルクリックしてしまうので、ワイヤレスマウスを購入してみた。amazonでロジクールM235が1,360円。ワイヤレスマウスもずいぶん安く買えるものだ。

さて早速使用してみた。ただUSBポートにトランスミッター?を挿すだけドライバは自動的にインストールされ、使用できるようになった。ただ、PC裏側にあるUSBポートだと、PCデスクが金属製なので、うまく電波が拾えないようなで、PC前面のUSBポートに挿したら問題なく使用できるようになった。ワイヤー(ケーブル)がないのでとっても使いやすい。

2011年04月23日

最近購入したモノ(その2)

電車の中で、画面を指でなぞって操作をしている風景をよく見かけます。iphoneが先鞭を付けたスマートフォンですが、私にはどんな風に操作して、どのように使うのか全く分かりません。ただし、通信費が最低でも6,000円〜7,000円と高額にかかるというのは聞いていました。携帯電話の通信費も払って、スマートフォンの通信費も払うのはかなり困難だし、そもそも私はあまり外出をしないので、モバイルは必要なさそうですが、いろいろと調べて見ると安く使える手があるんです。

日本通信のb-mobileというもsimがあります。ドコモの通信回線を利用して、最大300kbpsで通信できるものです。7GB以上という普通の携帯電話の通信と比べると雲泥の差ですが、netやメールなら許容範囲内で使えるようです。このsimが使えるスマートフォンも日本通信のウェブサイトに掲載されていて、私はXperia(SO-01B)をヤフオクで15,000円で購入しました。 

 xperia
    Xperia (SO-01B)
b-mobile U300も使用期間がいろいろあって、私はお得な6ヶ月+1ヶ月という
for IDEOSというものを13,180円で購入しました。使い方は簡単、simを入れ、開通の手続きを日本通信に電話して行います。あとは、Xperiaのモバイルネットワークの設定を、ウェブサイト通りに行えばOKです。 

foma      b-mobile  
                                    FOMA ?                                    パッケージ
アンドロイドマーケットでspeedTestというアプリをダウンロードして、テストをしてみました。やはり300kbpsが最大スピードのようでした。Yahooやグーグルもモバイル用のページが用意してありますので、そちらから入って行けばそれほど遅いという監事はありませんが、PC用のページを開くのにはやはり少し待たなければダメです。家で使うのであれば、WiFiですればストレスフリーです。まあ遅いですが、ドコモの回線を使用しているので、携帯電話が繋がるエリアなら問題なく使えそうです。しかも、運用コストは、一ヶ月2,000円以下です。 

eneloop  
            eneloop mobile booster
Xpreriaのバッテリーに不安があったので、USB出力のある、eneloop mobile booster KBC-L3というものを購入しました。本当は、Xperia用というか、forerunner405用に考えていたものです。これがあれば走りながら充電が?できます。

2011年04月21日

最近購入したモノ(その1)

液晶モニタを購入しました。今までは、acerのAL1917VAというVAパネルのスクエアのモニタを使用していましたが、なぜか調整画面が突如現れるようになり、その後電源が入らなくなったので新しいモニタを購入することにしました。

19インチスクエアはドットピッチが0.294と最大級で、老眼の私にはとても見やすく良いものでした。そこで新しいモニタはドットピッチがまず優先、そしてパネルがVAかIPS方式のものであること、ということで探してみました。最近は、スクエアからワイドに変わって、フルHDだなんだとややこしくなってわけが分からなくなってしまいました。調べてみると、ドットピッチが0.282とかなり19インチスクエアに近い22インチワイドがバランスが良いらしいと言うことが分かりました。しかし、22インチモデルというのはほとんどなく、21.5とか23とかドットピッチが小さいものばかり。

 k0000148451

この際もう少し大きめでも良いかなと思い、ドットピッチが0.276の24インチワイドのBenQのVW2420Hに注目しました。価格も手ごろでしかもVAパネルです。実際にデスクの上に置いてみるとかなり巨大でしたが、案外すぐに慣れるものですね。画面の大きさは、縦方向には19インチスクエアと同じくらいです。若干ドットピッチが小さくなりましたが、文字などを見てもまあ許容範囲以内です。しかしこの液晶ディスプレイは非常に薄くて軽いです。肝心のモニタの評価ですが、シャープだし発色も悪くなく、19,800円と安かったので、良い買い物をしたと思いました。

2011年02月21日

ノートPC Lenovo G465 を購入

仕事で持ち運びできる程度の大きさのノートPCが必要になり、いろいろと検討した結果、Lenovo G465を購入した。14インチとあまり小さくはないが、2.2kgとまあ我慢できる重量なのと、いちばんの決め手はやはり価格。なんと某ネットショップで32,400円で購入した。さらに、レノボの3,000円キャッシュバックキャンペーン対象商品で、実質的に2万円台の超お買い得なノートPCだ。  

  g4651
             Lenovo G465
スペックは・・・
Windowsレジスタードマーク 7 Home Premium  64bit 搭載
Athlonトレードマーク(TM) II X2 デュアルコア・プロセッサー P340
14.0型HD LEDバックライト付き液晶(最大1366x768)
最大:HDD:250GB / メモリー:1GB
DVDスーパーマルチドライブ
6セルバッテリー

ただしメモリーが1GBなのでまったく足りず、amazonでCFDの4GBを3,618円で一枚購入し、空きスロットに差して5GBで使用している。速度的にもデュアルコアなので、なかなか速いし、液晶も明るくてとても見やすい。あとはoffice2010があれば仕事では文句なし。

2010年10月17日

ノートPCを購入

二男君使用のマシン、Lavieがもう遅くて限界に達したので、新しいノートPCを購入することにした。コストパフォーマンスにすぐれたものがないか検討していたところ、東芝ダイレクトの「satellite pxw」が目に止まった。core i3 、メモリ4GB、HDD320GBと、十分なスペックで、なんと64,800円!カカクコム限定モデルというのがあって、ロジクールマウス付きが64,980円!

satellite_pxw_m

というわけで、マウス付きモデルを購入。先日到着し、せっせとセットアップ中です。液晶もきれいだし、キータッチも特に問題ない。本当に最近のノートPCは安くなりました。

2009年06月09日

PIXUS MP540 IN, PIXUS 560i OUT

5年前に購入したPIXUS 560iだが、どうやらプリンタヘッドがダメになったようで、強制ヘッドクリーングをしても、写真の色合いがおかしく、正常に印刷されない。キャノンのサポートとメールのやりとりをしたら、プリンタヘッドと消耗品などの交換・修理一式の料金が7,350円ということで、送料などを含めると9,000円程度かかってしまう。そういうわけで、560iには引退していただくことにして、新しいプリンタを購入することにした。 

さて、新しいプリンタは何にしようか。こうやって何を購入しようかと悩んでいるときがいちばん楽しいときでもある。今、スキャナはエプソンのGT-8300UFを使っているが、長男のMP610でコピーしたものとは比べようもなく汚い。まあ、GT-8300はフィルムスキャンができるということが特徴なのだが、必要に応じて使用することとして、メインは複合機とすることにした。

価格優先なら、PIXUS MP480かHP Photosmart C4486 か?それぞれ、7,000円〜8,000円で購入できる。この二つの機種は、インクタンクにプリンタヘッドがくっついている。ということは、インクタンクを交換すると、プリンタヘッドも新しくなるということである。それはそれで、非常に良いことだと思うが、コスト的に見れば高く付くことになる。それと、どちらもインクタンクが3色混合。1色でもなくなったらカラーインクタンクは交換だ。

そんなわけで、最低で独立インクタンクの機種を選ぶことにした。CDなどの印刷はできないが、MP630と同等の性能のある下位機種のMP540にした。前面に給紙トレーがあって、これは使いやすし、写真印刷もしてみたが、かなり鮮明だし色も鮮やかである。 

最後に、プリンタはプリンタヘッドがダメになって使用できなくなるケースがほとんどらしい。良くあるのが、年末に年賀ハガキを印刷して数ヶ月も使用しないというケースだ。いろいろなウェブサイトをのぞいてみて、最低1週間に1度はプリンタの電源を入れないと、プリンタヘッドに付いたインクが固まってしまい、問題が起こる場合が多いそうだ。まして数ヶ月使ってないなどとなると、故障して下さいといっているようなものなのだそうだ。私もそのうちに一人だったかも。。

posted by ruunerkaz at 10:56| Comment(0) | パソコン・インターネット

2008年08月07日

パソコンのファンの音がやたらにうるさい!

最近パソコンのファンが突然高速回転し、かなりうるさい!ホコリがたまっているのだろうと、中を開けてみたら、冷却フィンのところにかなりホコリが付いていた。きれいに掃除をしてみたが、やはりファンが高速回転を始めるとうるさい。このPCは静音にこだわっていて、なんと26dBなのに。

実際CPUの温度が何度であって、ファンが何回転しているか、「HWmonitor」というソフトで調べてみた。ウィルスバスターのウィルス検索中に測定してみたところ、maxで、89℃、4,017rpmまで達した。パソコンにあまり負荷がかかっていないときでは、56℃、878rpmだったので、ファンは通常時の4.5倍の回転数になっていたことになる。

posted by ruunerkaz at 11:03| Comment(0) | パソコン・インターネット

2008年01月12日

PS2マウス

VALUESTAR復活からずいぶん経ったけど、windowsがすんなりインストールできなかったのはメモリーモジュール1枚の不具合原因だったのだが、そうなると、VALUESTARが頻繁にシャットダウンしていたのも、もしかしてそのメモリーが悪さをしていたのではないかと疑問に思っていた。それで正月休みも終盤に突入したときに、とってもめんどくさいけど、ASUSのMBを外して元のVALUESTARのMBを入れ直してみた。ケーブル類がどうなっていたのかすっかり記憶が飛んでいて、CPUを外して付けての作業にずいぶん時間を費やしてしまった。

組み立て終わってリカバリーしてみた。んが、USBマウスを接続していたら、Windowsの初期設定ができない。マウスを認識してくれずまったくポインタが動かない!う〜ん、PS2マウスをどこにやったか家中探したけどない!もうくたびれていたから全部捨ててしまったのだ。しかし、BIOS上というかシステム上USBが認識できないなんてどうなったいるのか?やっぱり古いということなんだろうか。

というわけでスッキリしない感じで途中中断。しかたなく翌日PS2マウスを買いに行った。あきばお〜で、ロジクールのバルク品を695円で購入。何気なくお隣の九十九に行ってみたら、くやしいことにノーブランドのマウスが500円で売っていた。大きなカゴにドッサリ入ってました。

さてPS2マウスを接続してwinndowsの初期設定を済ませ、その他の設定をしようとしていたら、やっぱりシャットダウン、リスタートの繰り返し。ということで、メモリー犯人説はあっさり否定されてしまったのでした。VALUESTARのMBは即ゴミ箱行きでした。

posted by ruunerkaz at 10:33| Comment(0) | パソコン・インターネット

2007年07月13日

VALUESTAR復活(その2)

Athlonプロセッサのヒートシンクは非常に強い力で押さえつけられているのでこれを外すのはちょっと大変。ヒートシンクを外すときにちょっとでも擦ってしまうとコア欠けの危険があり慎重にやる必要がある。マイナスドライバーでヒートシンクを抑えているツメを下側に押してツメから外す。なんとか成功。その次はレバーを上げてCPUを取り出す。グリスはあまり固着していなくて手で擦るときれいに取れた。

次は買ってきたシリコングリスをヒートシンクに適量塗り、そしてそれを均一に塗り広げる。適当なヘラのような物がなかったので、テレホンカードのようなもので代用して塗った。あまりきれいに塗れなかったが、CPUとヒートシンクに挟まれてしまえばそれほど関係ないので気にしなかった。さて、またコア欠けの危険のあるヒートシンク装着作業にとりかかる。先ほどの手順の逆で、まずCPUをマザーボードに取り付ける。ピンの欠けてている方向をきちんと見て乗せる感じで起き、レバーを下げればOKだ。次にヒートシンクを装着する。片方のツメをひっかけてからもう片方のツメをマイナスドライバーを使って押し下げて引っかける。これも無事終了。あとははレバーを倒すだけ

マザーボートにCPUが装着できたらメモリーを差します。お次は買ってきたピン配列変換ケーブルを使って、POWER SW,HDD LED,POWER LEDの取り付けをします。その前にどの線がそれぞれどれに繋がっているのか確認します。(当たり前です)ここでポイントは、+と−を間違わないようにすることですが、間違っても壊れるようにことはないので、怖がることはありません。実際+と−は見ただけでは分からないのでやってみて、おかしいと思ったら直せばいいのです。

さてお次は起動テストです。モニタとキーボードを接続して電源を入れます。するとBIOSバージョンがどうのこうのという表示が出ます。これが正常に表示されたら、こんどはHDDとCD-RWとフロッピーをつなぎます。プライマリーとセカンダリーを間違えないように、って、プライマリーは青ですので間違えようがありません。最後にこの状態でまた起動テストします。ドライブ類が正常に認識されていればOKです。

次はWindowsXPのインストールをするのですが、その前の準備として、ASUSのサイトからドライバをダウンロードして、解凍したファイルをCD-Rに焼いておきます。WindowsXPのCDをCDドライブに入れて起動すると、「Boot from ATAPI CD-ROM Press any key」などとメッセージがでますので、その通りにします。あとはメッセージのとおり進めて行けば特に問題なくインストールが終了します。

が、今回はなぜか「File setupdd.sys could not be loaded The error code is 7 」というメッセージが出てインストールが出来なかったのですが、マイクロソフトの
ウェブサイトでで検索したら、メモリーが原因になる場合があると書いてあったので、1枚のメモリーモジュールを外してインストールしてみたら大丈夫でした。どうやらメモリーモジュールの相性が悪かったようです。こんなこともあるんですね。

posted by ruunerkaz at 21:42| Comment(0) | パソコン・インターネット

2007年07月07日

VALUESTAR復活!(その1)

いやぁ〜久しぶりの投稿です。
去年の9月に愛機VALUESTARが頻繁にリスタートを繰り返し使えなくなってしまった。何回もシステムの再インストールをしてもダメ。結局マザーボードの故障と判断し、エプソンの新しいマシンを買ったのだ。

さて、CPUやメモリ・ハードディスクなどの遺産が残っていてもったいないと思い、安くマザーボードが手に入らないかと探していたら、Yahoo!auctionでASUSのA7N266というソケットAのものを発見!幸運にも1,500円で落札した。

メーカー製パソコンは、台湾などのマザーボードメーカーのものを独自にアレンジして製品化しているので、電源スイッチなどのコネクタが必ず市販品のマザーボードのコネクタとは合わない。そこで、今回購入したパーツは、ainex EX-002とWA-090、ピン配列変換ケーブルとファン用電源延長ケーブルである。それとCPUクーラーに塗るシリコングリス、合計1,094円。

作業の流れはまず、VALUESTARのケースを利用するので
1.マザーボードを取り出してCPUとメモリーを外す。
2.CPUクーラーとCPUについている古いグリスをきれいに取る。
3.CPUをASUSのマザーボートに装着する。
4.CPUクーラーにグリスを適量塗りCPUに取り付ける。
5.メモリーを取り付ける。
6.POWER SW,HDD LED,POWER LEDのコネクタを変換ケーブルを使って取り付ける。
7.この状態でモニタ、キーボードを接続して起動テストをする。
8.HDDとCD-RWを取り付ける。
9.もう一度起動テストをして、BIOS SET UPのBootメニューでATAPI CD-ROMをフロッピーの次に移動する。
10.Windowsのインストールをする。

posted by ruunerkaz at 21:17| Comment(0) | パソコン・インターネット