2013年09月22日

Garmin ハートレイトモニターのストラップ

garmin

最近Forerunner410CXの心拍計が異常値を示すので、これはバッテリーの消耗が原因なのかと思い、CR2032のボタン型電池を交換してみたが、変化は無かった。

以前ストラップの装着方向がどうのこうのということを聞いたことがあったので調べてみたら、「ガーミンのロゴはrightside up である必要があります」とあった!rightside up にするとロゴが上下逆転するのでおかしいと思い、今までずっとleftside upにしていたのだが、異常値はここ最近なのだ(苦笑)

結局マニュアル通りrightside up にして装着したら数値も安定した。ストラップの構造がそういうふうになっているのだろう。

posted by ruunerkaz at 18:12| Comment(2) | ランニング
この記事へのコメント
こんにちは

私も最初意味が良くわからず悩んだんですけど、この"rightside up"というのは、右側という意味ではなく"正しい方を上に"ということで、「GARMINのロゴが正しく読めるようにする必要がある」という意味だと思います。(たぶん)

なので、この場合のrightside upの反対語は、leftside upではなく、upside downだと思うんですけど。

でもって、本題の異常値ですが、みねごんさんもプレミアムHRMでずっと異常値が出ていたのが、ノーマルにしたら出なくなったようなので、センサー部分の密着性が悪いのかもしれません。
心電図洋のジェルがいいらしいんですが、高いので、代わりに保湿ジェルが使えると聞いたことがあります。
家にあったら試してみてください。
Posted by yotchang at 2013年10月02日 12:36
こんにちは。

ありゃりゃ!そうだったのですか。
ロゴが逆さになってしまうので、ヘンだとは思っていたのですが、
ちゃんと英語が読めてませんね(苦笑)

ノーマルは胸に当たるところに溝があってモニターしやすかったのではと思います。
ジェルですが、ひげそり用のジェルでは代用になりませんかね。
保湿ジェルってどんなものなのか調べてみます。
ありがとうございました。
Posted by kaz at 2013年10月03日 06:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: