2013年08月09日

腓骨筋腱炎らしい

DSCN0122_R

今日かかりつけの整形外科に行ってきました。レントゲン写真を見ても骨には異常なし!それはわかりきったことですが、医師はきちんと確認するのが当たり前ですからね。

で結果は、「アキレス腱周囲炎」と「腓骨筋腱腱鞘炎」という診断でした。いつも言われることは「扁平足」だということで、負担がかかりやすいようです。さらにふくらはぎの筋肉が固いことを指摘されました。ふくらはぎの柔軟性はとても大切なことのようです。

早めに治したいので、先生にお願いして「トリガーポイント注射」を腓骨筋腱に打ってもらいました。注射液が入ってくると、患部がじんわり暖かくなってゆくのが分かります。いわゆるステロイド剤なんでしょう。あとは、炎症を抑えるために飲み薬として「ロキソニン」、貼り薬として「ロキソニンテープ」を処方されました。とにかく、安静にまさる薬はなさそうです(涙)

hikotukinken

posted by ruunerkaz at 19:52| Comment(0) | ランニング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: