2010年12月05日

米amazonからforerunner 405CX 個人輸入

円高メリットを享受しなければもったいないと思い、米国amazonからGarmin Forerunner 405CXを個人輸入することにしました。今はネットショッピングで簡単に海外から色々な物が購入できるので、なんだか個人輸入という活字が妙にピンときません。

2005年にForerunner201を購入してから、ランニング必須アイテムになり、モチベーションアップに貢献しています。私も201→205→305と大金を投入しています。205から305へは、マフェトン理論に従ったトレーニングをしようと思い、やはりHRMの必要があったからです。205はオークションで売却して、305への資金にしました。ちなみにForerunner 305はwiggleで125.21ポンド、日本円で約14,000円ぐらいで購入しました。

さて、前置きが長くなりましたが現在Forerunner 405は最安で200ドル程度です。1ドル85円としてもなんと17,000円です。これは安いですね。日本では、オークションで送料込みで26,000円ぐらいでしょうか。手続きが面倒だとか英語が苦手だという人は、海外からのネット通販は敷居が高いとは思いますが、是非私のブログを参考にして、チャレンジしてみて下さい。あくまでも自己責任ですけれど。

Forerunnerを日本に送ってくれるショップがないか、あるいは限りなく少ないようです。私もいろいろと彷徨ってみましたが、見つけられませんでした。そこで方法です。代行業者に頼みます。たくさんそういう業者はあるようですが、私が利用したところは、「
スピアネット」でした。ウェブサイトがとてもわかりやすく、手数料もかなりお安いです。信頼のおける業者だと判断しました。ここに登録すると、米国内の送付先住所を利用できるようになり、amazonからその住所へ品物を配達してもらいました。スピアネットに到着した品物は、検品され速やかに日本へ発送されます。

私の場合、いわゆるマーケットプレイスの商品でしたが、amazonが出荷して米国の住所に届くまで約1週間かかりました。たしかインディアナポリスからカリフォルニアまでの移動でしたが、UPSでの発送でしたので、逐次トラッキング情報をamazonのサイトで確認できました。スピアネットから日通航空便で約6日間ぐらいで手許に届きました。場合によっては税関で時間を食うときもあるそうですが、こちらもトラッキング情報ではすんなり通過したようです。

Garmin Forerunnerは関税では時計の分類で、関税はかかりません。しかし、輸入消費税が500円かかりました。これは商品価格×0.6×5%です。

精算するとこんな感じです。
Forerunner CX405  235.99ドル
スピアネット手数料 7ドル
日本への送料 25ドル
合計 267.99ドル×85円/ドル +消費税500円=23,279円

安く買えるということだけでなく、いろいろと手続きも楽しんでしまいました。為替レートは83円ぐらいだったのですが、決済のときのレートとは微妙に違うようです。TTB,TTSなどもあったのでしょう。もう少しamazonで安くなるまで待てば、405CXが216.99ドルで買えたのでちょっと残念でした。

posted by ruunerkaz at 07:36| Comment(0) | TrackBack(0) | ランニング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/70947904

この記事へのトラックバック