2016年09月22日

wifi子機をデスクトップPCに取付

wifi子機
BUFFALOのwifi子機をUSBに取付

wifi01
無線LANの表示が出ました

NECのカラーレーザーMultiWriter 5600Cが壊れてしまった。このプリンタは非常に安くて1万円以下で買えたのだが、トナーが一4色で16,000円ほど!当然互換トナーを使用していたわけで、購入から3年ほど経って、発色がおかしくなり、その後壊れてしまった。多分純正品を使用していなかったからだろう。

そんなわけで、もうカラーレーザーは諦め、インクコストが低いと評判のブラザーDCP-J963Nというインクジェットプリンタを購入した。

最近の複合機は無線LAN接続出来るというので、もう数年前に使用していたwifi子機を自作デスクトップPCに接続してみた。BUFFALOのウェブサイトから、ソフトウェアをダウンロードしてセットアップしたら、すぐに接続が出来た。これでプリンタと無線でつながり非常に使い勝手がよろしい。

posted by ruunerkaz at 13:40| Comment(2) | パソコン・インターネット
この記事へのコメント
こんにちは。

プリンタを購入したんですね。プリンタのランニングコスト重要ですね。今、CANONのインクジェットを使っているのですが、純正は高いです。(^^;
次に買い替える時は、ランニングコストを考えて選択します。

プリンタを無線LANに接続すると便利ですよね。我が家も息子のPC、カミさんのPC、自分のPCの3台で印刷できるようにしています。(^^V
Posted by miya at 2016年09月22日 22:29
miyaさん、こんにちは。

もうちょっと消耗品が安ければ純正品を使うんですが、コストを考えるとどうしても互換品を使用してしまいます。その結果が、故障です(^^ゞ

miyaさん宅も無線LANなんですね。とても便利で良いです。
Posted by kaz at 2016年09月23日 07:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: