2016年03月23日

2016 第19回板橋Cityマラソン完走記

浮間舟渡駅で降りたら、「あぁ、またここに来てしまった。」と、思わず口にしてしまった。ここは、思い出多きフルマラソンを走ったところ。初フルは25kmで脚が痙攣してしまい、ゴールまでが本当に長かったこと。その後、2004年と2009年と2回参加したが、どちらも撃沈レースで、荒川(板橋Cityマラソン)との相性はあまりよろしくない。

最近、frunメンバーが多く集まる大会が減ってしまいとても寂しい。ところが、ここ、板橋はfrunメンバーが多く参加するから、そして、オフを楽しめるからと言う理由で今回は参加することにしました。

理由は兎も角、参加するにはきちんと目標を定めなきゃ。
取り敢えず、サブ4狙い・・・
だが、風が強くて、走る前から厳しくなると思っていた。

スタート後しばらく渋滞で、思うように走れず、2kmで1分ほどのビハインドを喫し、遅れを取り戻すために、ジグザク走行を強いられてしまう。(この辺で脚を使ったかも)

5km地点で、南国花子さんとシゲヤンの応援をいただく。風が強く寒いところありがとうございます。その後は、ランナーの間隙を見極めて走り、5:40前後をキープしながら、ハーフ通過がぎりぎり1時間59分。

折り返してから嬉しいハプニング!ジョグノのお友達に見つけてもらい、
「KAZさんガンバレ!」と声を掛けていただきました。本当に力をいただきました。

しかし、、23km辺りから右足の膝より少し下の外側に違和感が勃発し、痛いわけではないけれど、右脚に力が入らない感じとなってしまい、ずるずると失速、気持ちも切れてしまった。

30km通過が2:52:46
33kmで脚はお終い。

あとは歩かないでゴールすることだけを考え、キロ7分程度でジョグしながら辛ーい9kmを走り続けました。ゴール手前200mでクジラさんから大きな声援を受け、ヨロヨロとゴールラインを越えました。あー疲れた。

後半だけでも、2時間19分かかってしまい、最近は、キロ6分を超えることはほとんど無かったので、実力以上に飛ばしてしまったツケが回ってきたということでしょう。

今回もNB ミニマスMR00を履いて走ったのですが、ここの舗装は硬い!!
足の裏が途中で痛くなってしまった。つくばでも館山でもそんなことが無かったのに、河川敷の舗装は硬いのでしょうか?それに、途中のダートには参りました。

ゴール後はゴール観戦オフを楽しみました。普通ならビール1本で気持ち良くなってしまうはずなのに、この日は2本飲んでも元気!オフのために最後の9キロをキロ7分で体力を温存したのが良かったのでしょうか?

その後、お風呂〜まるます家で楽しい一時を過ごしました。

翌日ですが、脚と足には、ほとんど筋肉痛がありません。ということは、やはり頑張らなかったということでしょう。でも、足の裏は痛いです。

シューズのことですが、ここ1年以上ベアフット系のシューズで走っています。なんだか、こういうシューズが自分に合っているような気がするのです。板橋は舗装が硬い気がします。困ったなぁ。

シューズは、少しソールの厚い「ブルックスのピュアドリフト」か、トレイル用の「NB MT10」にするしかなさそです。普通の道路を走る大会ならMR00でもOKだとは思います。


05 28:16
10 27:40 55:56
15 28:13 1:24:09
20 28:34 1:52 25
25 28:42 2:21:07
30 31:39 2:52:46
35 33:31 3:26:07
40 37:07 4:03:14
fin 16:18 4:19:32
最速ラップ 5:22
最遅ラップ 7:53(エイドで飲み食い)

posted by ruunerkaz at 07:16| Comment(0) | ランニング
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: